ワキガを治す薬は?

ワキガが臭い女性のイラスト

病気の時は薬を飲めば治すことができますが、体質からなる「ワキガ」は薬で完全には治すことができません。

 

ですが、薬を飲めばワキガのにおいを目立たなくすることはできます。

 

  • 制汗スプレーなどを使って毎日ケアしているのにぜんぜんワキのにおいがなくならない
  •  

  • ワキガは手術をすれば治すことができるだろうけれど、手術をすることには不安がある

 

そういう時に、ワキガに効果が高い薬があればうれしいです。

 

ワキガはどの程度までなら薬で治すことができるのでしょうか?

 

ワキガの薬はどのぐらいワキガに効くか調べました。

 

合わせて、ワキガに効果があると言われているおすすめの薬も紹介します。

ワキガは飲み薬で治すことができる?

飲み薬カプセルの写真

ワキガを完全に消してくれる飲み薬があったらうれしいのですが、残念ながら今のところそのような飲み薬は作られていません。

 

ワキガは、アポクリン腺から出る汗が原因となって引き起こされます。

 

手術をすればそのアポクリン腺を除去することができますから、ワキガの原因となる汗を抑えることができます。

 

けれど薬を飲んでもアポクリン腺はなくなるわけではありませんから、汗を止めることはできません。

 

ワキガの方はもともとアポクリン腺が多い人という体質から来るものですから、生まれつきの問題です。

 

薬を飲んだからといって、アポクリン腺の数は減らしたり増やしたりできるものではありません。

 

ですから「ワキガを治す薬」というのは作られていないのです。

ワキガを確実に治したいのなら

結局、ワキガを確実に治したいのなら、

 

  • アポクリン腺を除去する手術

 

しかありません。

 

それならば薬を飲んでも何も変わらないのでは?とがっかりしてしまいまいますよね。

 

ですが、薬を飲めばワキガをなくすことはできないものの、ワキガのにおいを抑えることはできます。

 

ワキガを持っていたとしてもにおいがひどくないのなら、周りの人にも気づかれませんし、自分も安心ですよね。

 

飲み薬があれば、汗があまり出ないように体質を改善することは可能なのです。

 

これを飲んでさえいれば大丈夫ではありませんが、飲むことによってワキガが気にならなくなってきた人もいます。

 

ですから、気になる方は一度病院で飲み薬について相談してみてください

ワキガに効果があると言われているおすすめの薬は?

親指でGOODの指を立てたイラスト

臭化プロバリテリン

この薬は保険適用の薬で、ワキガ対策のほか多汗症を抑えるために用いられます

 

中に入っているのは汗の分泌を抑える効果がある抗コリン剤です。

 

臭化プロバリテリンを飲んでいれば、汗を出すよう体に伝達するアセチルコリンの分泌を抑えることができます。

 

そうなれば、脇だけではありませんが汗の出る量が少なくなるため、ワキガのにおいがおさまります。

 

効果が高いと思われる臭化プロバリテリンですが、喉が渇きやすくなったり目が乾く、または尿の出が悪くなるという副作用が報告されています。

 

水分が外に出ることを抑えてしまうため、汗以外の涙や唾液、そして尿の出も抑えてしまうのです。

 

水分の排出を抑えると体によくありません。

 

また臭化プロバリテリンは長く飲み続けると効果がなくなってしまうという欠点があります。

 

そのため、臭化プロバリテリンで長期的にワキガを抑えるということはおすすめできません。

 

塩化アルミニウム液

飲み薬ではありませんが、においを抑えるだけでなく軽いワキガに効果がある外用薬が塩化アルミニウム液です。

 

制汗剤にも入っている成分ですが、人によってはかゆみが生じるという欠点があります。

 

ですから部分的に使ったり寝る前だけに使うという方法を用いて、かゆみのない範囲で使うことが効果的です。

 

でも人によってはそれほど多く使わなくてもかゆみが酷く出てしまうことがあります。

 

そういう場合は皮膚科を受診して、適切な処置をしてもらわなければいけません。

薬に加えてわきがクリームなども使ってワキガを治療しよう

ワキガはアポクリン腺から出る汗が原因なのですから、汗が出ないように抑えることで、ワキガのにおいもおさえることができます。

 

そう考えますと汗を抑えられる薬はワキガ治療に効果的であることがわかります。

 

しかし薬には副作用もありますし効果が長続きしないこともあります。

 

そうなると薬だけではワキガを抑えることはできません。

 

最も高い効果を得たいならば、薬を飲んだり縫ったりするというだけで終わりにするのではなく、わきがクリームなどを使って体の外と中の両方から働きかけましょう。

 

両方から働きかけることでワキガへの効果は非常に高くなり、ワキガを気にしなくてもいい日々を送ることができます。

 

薬だけでワキガを治すことはできませんし、制汗剤だけでは効果が薄いことは多いです。

 

けれど薬を使ったり、制汗剤を使ったり、といろいろ試すことで高い効果を得ることは可能です。

 

ワキガに対してはまだ残念ながら特効薬は出ていませんから、今できることはいろいろなものを組み合わせてワキガ治療を続けてください。

 

ワキガに特効薬はナイので

ワキガには特効薬はないものの、においを消すことに対してある程度の効果のあるモノはあります。

 

それならば、ワキガの体質を持っていてもにおいにそれほど悩まされずに、過ごすことはできます。

 

特効薬がないと知ると、もう手術しかないのだと諦めてがっかりしている方がいらっしゃるかもしれません。

 

ですが、手術をしたってまたワキガが再発してしまう方もいますから、地道に薬や制汗剤を使って治す方法を選ぶのはおすすめです

 

ワキガはアポクリン腺から出る汗が原因なのですから、汗が出ないように抑えればにおいもおさえられます。

 

制汗剤ではだめだったからなんとかワキガを治したいけれど、ワキガの手術を受ける勇気は出ないからどうしよう・・・

 

そう思っている人は一度ワキガにおすすめのクリームを制汗剤と併用して試してみてください。

 

 

 

ワキガの対策で選ばれているクリーム人気ランキング

デオシーク

デオシークの特徴

  • 内容量30g、1日当たり113円
  • 人間が発生させる“ニオイの97%”を無臭化するパンシル(柿タンニン、消臭効果で有名な茶カテキンの25倍の抑臭効果がある)が配合された医薬部外品クリームで、朝塗って24時間効果が持続します。
  • すでに発生したニオイも徹底的に抑制し、ニオイの元となる細菌の殺菌能力は高いのに低刺激なのも特徴です。

価格 評価 備考
3380円 評価5 送料無料、消臭サプリつき
デオシークの総評

【ココがポイント】 朝出かける前にデオシーククリームを塗るだけで、脇汗を抑え消臭効果が持続するのは楽でイイです。 使用目安は片ワキだとデオシーククリーム2プッシュですから、両ワキで4プッシュ、1本で1日6プッシュで約1ヶ月利用できます。 デオシーククリームは伸びもよく、お肌に馴染むのも早いのでベタつきが続くこともありませんから、一度使うと便利でやめられなくなると思います。

ワキガ手術に行く前にクリアネオ

クリアネオの特徴

  • 内容量30g、1日あたり166円
  • 有効成分イソプロピルフェノールが汗やニオイの元となる菌の繁殖を抑え殺菌します。
  • 同時に汗を抑える有効成分パラフェノールスルホン酸亜鉛が配合されています。

価格 評価 備考
4980円 評価4.5 医薬部外品、送料無料
クリアネオの総評

定期便の必須回数制度がないので、1度のお試しで解約できるのは良いと思います。 クリアネオも無添加無香料ですし、天然植物エキス配合なので、敏感肌やデリケートゾーンのも安心して使えます。 ヒアルロン酸配合ですのでワキの黒ずみ対策や美肌効果も期待できます。

Lapomine

ラポマインの特徴

  • 内容量24g、1日当たり190円
  • 汗を抑える⇒肌が乾燥する⇒汗・皮脂が過剰分泌する⇒臭いの原因になるという悪循環を、肌の保湿という面からアプローチしています。
  • 1保湿、2殺菌、3制汗の観点で、パウダーの白い粉残りやすぐ乾かないといった問題点を解消しています。

価格 評価 備考
5700円 評価4 医薬部外品、送料無料
ラポマインの総評

使い方としては朝出かける前にラポマインを「小豆大」の大きさでとり、肌に浸透させるように指でやさしく塗るだけ。 最初のうちは夜寝る前にも使うと雑菌の繁殖を防ぐのでオススメなのですが、これだとすぐにクリームが消耗してしまう点が残念なところです。